ミュゼでうなじ(襟足)脱毛をする際の注意点

ミュゼでうなじ(襟足)脱毛をする際の注意点

脱毛サロンでは、いろいろな部位の脱毛ができるようになっていますので、自分自身で気になるムダ毛があれば、処理をしてもらってムダ毛が気にならないお肌を目指しましょう。
やはり女性にとってムダ毛は大敵。
ツルツルのお肌が当然で、脱毛は身だしなみの一つなんて思われているぐらいです。

 

そこで、うなじ脱毛を脱毛サロンで依頼するにあたって、注意しておきたいことをまとめてみました。

 

 

ダメージを受けた肌を落ち着かせよう

イメージ

ムダ毛処理をするときに、脱毛サロンの場合は光を照射します。その光は当たってもほとんど痛みがないといいながらも、それなりにチクっとはするでしょう。
施術を受けたすぐ後というのは肌も敏感になっていますので、あらゆる刺激に影響を受けやすい状態です。

 

そのため、ダメージを受けた肌はセルフケアで落ち着かせてください。
施術を受けた脱毛サロンでも保湿をしてくれるとは思いますが、それではやっぱり物足りません。
施術を受けた次の日ぐらいまでは、炎症などが起きないか注意してくださいね。

 

 

脱毛中の自己処理は慎重に

イメージ

うなじ脱毛を脱毛サロンで始めた場合でも、まだまだムダ毛は生えてきます。
では、脱毛サロンに通っている間の自己処理はどうすればいいのか…それが疑問ですよね。

 

普通どおりムダ毛処理をすればいいのですが、一つだけしてはいけないムダ毛処理方法があります。
それは毛抜きです。
毛抜きは思いっきり毛穴を引っ張って毛を引き抜きますから、一つ一つの毛穴に大きな負担がかかります。
その後に光を照射すると、反応してしまって強い痛みや炎症が起きやすくなるのです。

 

脱毛中にうなじをキレイに処理しておきたいと思う場合は、毛抜きは鏡で見ながらゆっくりできるといいのですが、使用する道具として毛抜きだけはNGです。
カミソリなどを使用して処理をするようにしましょう。
うなじは見えないところなので、思い切って剃りすぎて刃が肌に当たらないように気をつけてください。